夏のイベント~2

7月19日のお台場。
P1001055


















ここに来た最大の目的、それはお台場の白いやつ、
1/1ガンダムでした。
放送当時10歳だったガンダム世代な夫婦、
これは是非見に行かなければいけません!

フジテレビから離れ、海沿いを歩き、会場となる公園へ向かいました。
すると目の前に、携帯カメラで撮影している人達の姿が。
P1001053

























高い位置に携帯を構え、撮っていたのはガンダムの後ろ姿!
私も早速撮影しました。
そこからたっくんの手を引きつつ、回り込んで撮影camera
P1001051

























P1001050

























P1001049


























足元には並ばないと入れないので、
引いた位置からしか撮れませんでしたが、
それだけでも興奮ものでした。
会場には撮影台があり、有料で記念写真を撮っていたようです、
(そこも行列でスルーしましたが・・・)
撮影台では敬礼して撮ってもらっているカップルの姿がありました。

子供たちも予備知識があったので、
大きなガンダムを「すご~い!」と見入っていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

機動戦士ガンダム劇場版メモリアルボックス

Dscf1052 Dscf1053












本日発売となった「機動戦士ガンダム劇場版メモリアルボックス」
7月に予約して待っていたDVDが、先程届きました!
上の写真はボックス両面を写したもの。

以前「特別版」として発売されましたが、
新録音のため、放映時とは違う音付けとなり不評でした。
なので「特別版」は買っていません。

しかし今回は初めての、劇場版オリジナル音源でのDVD化。
Blu-rayDiscの発売を待つファンの方も多いようですが、
その辺は旦那も私も特にこだわりなく、
今観たいと言う気持ちから買いました。

「機動戦士ガンダム」
Dscf1054 Dscf1055







「機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編」
Dscf1056 Dscf1057







「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編」
Dscf1058 Dscf1059







初回封入特典として、DVDサイズの劇場アイテム復刻版セット、
パンフレット3冊とポスターアーカイブスが付いています。
Dscf1060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢中です

夢中です

風邪が治った2人のチビ達。
今「モンスターズ・インク」を2人して楽しそうに観ています。

モンスターワールドのエネルギーは地球上の子供達の悲鳴。
「モンスターズ・インク」とは、
その悲鳴を集めているエネルギー会社の事です。
世界中の子供部屋のクローゼットドアが管理されていて、
子供を驚かすエキスパート社員のモンスターが、
そのドアから子供部屋に侵入し、
エネルギーになる悲鳴を集めます。

主人公はエネルギー採取No.1エースモンスター「サリー」と、
アシスタントで親友の「マイク」。
順調に記録をのばす2人ですが、あるアクシデントが訪れます。
就業時間後、全てのドアが倉庫に収納されているはずが、
1枚だけ残っているのにサリーが気付きます。
回りには誰もいず、ドアの中で作業するモンスターもいません。
不思議に思うサリー、
するとその足元に人間の子供の女の子が!

モンスターワールドに入り込んでしまった子供と、
2人のモンスターの愛と友情と冒険の物語。
数年前に劇場公開された作品なので、
ご覧になった方はたくさんいる事でしょう。
私は自分の子供が観賞し、
楽しめる年になってきたのをきっかけに、
廉価版DVDを近くのホームセンターで買いました。

みーたんとたっくんのお気に入りシーンは、
主人公のサリーとマイクが、
出勤前に子供を驚かすトレーニングをしているところ。
「恐怖の足音、恐怖の足音」のところで一緒に足踏みします(^^)
そしてやはり盛り上がるのは、クライマックスシーンですね。

同じ作品ばかりでは何なので、
先日ネットレンタルで他のアニメ作品も頼んでみました。
今日・明日にも届くと思うので、子供達の反応が楽しみです♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガンプラ〜

ガンプラ〜

ただ今旦那は、ファーストガンダムTVシリーズDVDを観賞中。
去年末と今年始めに発売されたDVD−BOXです。
みーたんはケロロ軍曹の影響で、
ガンダムを見ると「ガンプラ〜」。
今もそう言いつつ、旦那と一緒に観ています。

とうとうガンダム教育ですか?(^^;
今年年末は劇場版DVD−BOXですね。

放送当時小学生だった私達夫婦。
ともに好きな作品を、今子供と一緒に観ているなんて、
なんだか不思議な感じです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場公開30周年記念

劇場公開30周年記念

先日発売されたDVD−BOXが届きました。
宇宙戦艦ヤマト劇場版 DVDメモリアルボックス

昔発売されたLD−BOX(写真奥)とくらべると実にコンパクト!
気軽に観やすくなりました。

ヤマトは私が10代の頃夢中になった作品です。
昔は映画館に行けなかったので、
水曜ロードショーでTV放送されるのを、
心待ちにしてたものです。

当時はビデオなんて一般にはない時代ですから、
放送されても録画出来ず、せめて音声だけでもと、
カセットデッキをTVのスピーカーに近付け録音しました。
レコードで音声だけのドラマ版と言うのも販売されてましたが、
子供には高い買い物です。

私が映画館に観に行ったのは中3の時、
公開当時観に行けた、最初で最後。
「宇宙戦艦ヤマト完結編 完全版」の最終日でした。
その後上野でリバイバル上映された、
「完結編35㎜版」を観に行ったり、
本部ファンクラブの「さらば宇宙戦艦ヤマト」上映会にも行き、
どっぷりハマってたもんです。

TVシリーズのDVDまでは手が出せませんが、
放送された3作品は全て観ています。
「ヤマトⅢ」の裏で「はいからさんが通る」の放送もあり、
ビデオのない当時は究極の選択でしたっけ。。。
「はいからさんが通る」原作者の大和和紀さんもヤマトファンで、
当時すでにビデオデッキをお持ちで、録画して観てたそうです。
その事はコミックで書かれてました。
(紀元2600年のプレーボールだったかな?)

しかし劇場公開から30年とは、
う〜ん、何もかもみな懐かしい・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我が青春の音楽

今日は突然の訃報に驚きました。
ピアニストであり、作曲家でもある「羽田健太郎」さんが、
58歳と言う若さで亡くなられたとの事・・・

近年は「渡る世間は鬼ばかり」の音楽が有名ですが、
私と同世代(現在30代半ば以降)の人の中には、
アニメ音楽作曲家として有名ではないでしょうか。


Dscf0599











1982年「超時空要塞マクロス」ではBGMだけではなく、
ヒロイン「リン・ミンメイ」(声・歌 飯島真理さん)
の歌も作曲され、日本アニメ大賞音楽賞を受賞されています。

そして私が特に思い入れがある作品は「宇宙戦艦ヤマト」


Dscf0598











羽田さんは完結編において、故・宮川泰さんと作曲に参加、
見事なピアノ演奏も披露されています。

後に「交響曲宇宙戦艦ヤマト」と言う、4楽章構成の交響曲を作曲、
1984年「NHK交響楽団」によって、五反田簡易保険ホールにて、
公開録音・録画されました。

実は私、当時「ヤマトファンクラブ本部」に入会していて、
その演奏会の招待状を頂いてたんですが、
当日途中で、肝心の招待状を家に置き忘れた事に気付き、
あえなく断念と言う苦い思い出があります・・・

私がまだ10代の頃にその存在を知った事と、
交響曲の作曲をされる方はずっと年上と言うイメージがあり、
羽田さんはとうに60を過ぎた方だとばかり思っていましたが、
まだ58歳だったとは・・・

私の同級生の旦那様に20歳上と、
羽田さんと同世代の方がいるので、
なお更に、まだ早過ぎる死が残念でなりません・・・

今日は様々な場所で、
残されたメロディーに聴き入る方もいる事でしょう。
本当に素晴らしい曲をありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)